なぜダメ!?脱毛施術前の飲酒

施術前のお酒は控えてください

脱毛を受ける際、サロンなどから脱毛前の飲酒を控えるよう、指示を出されることがあります。

お酒が大好きな方にとっては、たとえ一日でも我慢するのは大変ですよね。

そんなとき、「まあ大丈夫だろう・・・!」とお酒に手を伸ばしているあなた。

ちょっと待ってください。

それ、危険かもしれません。

飲酒を控えるように指示を出すには、ちゃんとした理由が、主に二つあるのです。

体温の上昇

アルコールを摂取すると、それを分解しようとするために、身体の中は活発に活動を行います。

その際にエネルギーを消費するので、基礎体温が上がります。

脱毛は肌に負担を与えるため、体温が上がっていると痛みが強くなったり、ひどい場合には赤みややけどが起こったりすることも…。

肌の乾燥

アルコールには利尿作用があり、さらにアルコールを分解する過程で水分が必要になるため、飲酒は体内から水分を奪います。

水分が不足すると当然、肌が乾燥してしまいます。

女性の方なら、乾燥がいかに肌に悪影響を与えるかはじゅうぶん理解していると思います。

脱毛はただでさえ、肌を痛めてしまうもの。

そんなときに肌が乾燥している状態だと、思うような効果が得られなかったり、炎症を起こしたりしてしまうなどのリスクがあります。

12時間前にはお酒を控えよう

どうせだったら、安心・安全な状態で脱毛は受けたいですよね。

そのためにも脱毛前にはしっかりとお酒を控えたいところですが、どれくらい前からお酒を控えればいいのか。

少なくとも、12時間前にはお酒を断ちましょう。

中には、一晩眠ればアルコールが抜けると思っている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

個人差こそありますが、アルコールが体内から完全に抜けるには時間がかかります。

特に女性は男性に比べてアルコールの処理能力が低く、アルコールが抜けるのに時間がかかります。

そのため、少なくとも12時間、できれば前日は一切お酒を口にしないでおいた方がいいでしょう。

ポツポツ気になる白髪!脱毛できる方法はあるの?

脱毛サロンが気軽に利用できるようになった昨今、ムダ毛が気になったら自己処理を続けるよりも綺麗になれる脱毛サロンでの施術を選ぶというかたもどんどん増えてきています。

ここまで脱毛が身近なものになったのは、光に反応して脱毛できる技術が浸透したからです。

でも、このフラッシュやレーザーを使った脱毛方法にはちょっと弱点があります。

それが黒い色にしか反応しないこと。

ではもし、白髪を脱毛したい時にはどうしたらいいのでしょう。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の仕組み

光を使った脱毛技術は、メラニン色素に反応して熱を浸透させることで毛根を破壊、ダメージを与えて処理を行うというものです。

色がキーになってくるので、黒く濃いムダ毛には反応をしやすく、色が薄くて細いムダ毛には効果が出にくいという特徴があります。

照射する時にピリっとするのは、黒い色を通して熱が伝わる刺激なんですね。

ですから、黒くない、ムダ毛の生えていない部位に照射をしても何も感じません。

だから、白髪に照射をしても何も反応をしてくれないのです。

他の方法なら脱毛可能!

加齢と共にアンダーヘアなどにポツポツと生え始めてしまう白髪、せっかく脱毛をしたいのに白髪だけポツポツと残ってしまうのは間抜けですよね。

でも大丈夫、ちゃんと白髪を脱毛する方法はあるんです。

それがニードル脱毛になります。

光を利用した脱毛方法とは全く異なり昔から利用されてきた方法で、毛穴に細い針を刺して電気を通し、直接毛根を破壊して処理をするというものになります。

痛いけど効果抜群!

ニードル脱毛の施術方法からもわかるように、光を使った脱毛に比べると痛みを感じやすいというデメリットがあります。

けれども一度処理をすればほぼ再生する可能性がないとされているほど高い効果を得られ、なおかつ白髪、産毛など毛の質を問わないという大きなメリットがあるんです。

施術はニードル脱毛ができる有資格者がいる一部のサロン、そして医療機関で行えます。

フラッシュやレーザーで残ってしまった白髪をしっかり処理してもらえますから、気になる白髪を放置せずに隙のないツルツル肌を手に入れましょう。